ルーシーと花と食と景色を

写真を撮るのが大好きで、思いのままを、紹介したいと思います

北欧の旅 Ⅴ

スエーデンに到着して、行って見たかった場所を楽しみに夜明けを迎えました。
部屋から太陽が登り輝いているのを見て、お天気に恵まれる
感じを受け窓からの景色は、黄葉が綺麗でした。
DSC_158828.jpg


DSC_159528.jpg


いよいよノーベル賞の会場に到着、見学の気分も盛り上がりました。
「青の間」
ノーベル賞授賞式の後晩餐会も行われる部屋ですが意外に小さい印象を受けました。
床に青灰色の石畳が敷き詰められ青色の部屋にするつもりでしたが、赤色の煉瓦があまりにも
素晴らしくそのまま青の間として残したそうです。
大階段は、イブニングドレスで降りてくる女性が美しく見えるように幅広で高さが低く設計されている。
DSC_161328.jpg


DSC_164428.jpg

ノーベル賞授賞式晩餐会ディナーセット」
ディナーセットが展示してありました。
 ナイフ、フォーク、スプーンは、日本製だそうです。
DSC_160328.jpg

「市議会議室」
家具はスエーデン調で落ち着いた色合いでした。

DSC_162928.jpg 

天井はバイキング船の船底をイメージで木造の木組みのデザインが素晴らしかったです。
DSC_162428.jpg 

「鏡の間」
市の表敬訪問のレセプションに用いられるホールで、窓の外には美しいメーラレン湖が一望でき、
その反対側には海岸風景の壁画が描かれていました。
DSC_163328.jpg

「黄金の間」
2000万個の黄金の石片を使って描かれた壁いっぱいのモザイク画で壁一面金箔です。
ここでダンスパーティーが行われます。
DSC_164328.jpg

市庁舎の中庭側です。
DSC_165428.jpg

  
中庭前のメーラレン湖が美しい
DSC_164728.jpg

ユールゴーデン島を眺めストックホルム市内を見下ろす景色、ワンダフル
DSC_172028.jpg

「ストックホルム宮殿」
ちょうど王室関係の方がに入って来られた所でした。
DSC_174028.jpg

  
ストックホルム宮殿での交代式
DSC_174428.jpg


DSC_174928.jpg

ノーベルミュージアム前の広場
DSC_176928.jpg


DSC_179928.jpg

 
ガムラ・スタン(路地)
カラフルで細長い建物が立ち並ぶ街並みは、ヨーロッパらしい風景で、とても可愛らしかったです。
一本路地を入ると旧市街らしく、 とにかく建物の色遣いが素敵です。
DSC_179628.jpg

路地歩きの後のカプチーノ、温まりました
カプチーノ28
スポンサーサイト
  1. 2013/10/28(月) 21:39:37|
  2. 旅行
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<北欧の旅 Ⅵ | ホーム | 北欧の旅 Ⅳ>>

コメント

北欧の旅

スエーデンは、何十年も前に、南の方の都市へ、一度行ったきりです。
仕事でしたから、観光はしておりませんが。

いいところですね。
ストックホルムも見ておりません。
こんなところでしたか。
  1. 2013/10/29(火) 07:51:28 |
  2. URL |
  3. mcnj #-
  4. [ 編集 ]

素晴らしい景色に見とれてしまいました。
どれをとっても絵になりますねぇ~。(*^^)v
  1. 2013/10/29(火) 08:53:33 |
  2. URL |
  3. 歌まろ #Tfao6s9E
  4. [ 編集 ]

こんにちはー。
晩餐会の食器が日本製だなんて誇らしいですね。
建築物はデザイン、色使い、どれも見ごたえあります。
でもやっぱりガムラ・スタン!
ぶらぶら路地歩きしてカワイイもの探したいです(*´∀`)
  1. 2013/10/29(火) 16:25:18 |
  2. URL |
  3. つなごんの母 #4ARdecsc
  4. [ 編集 ]

中身の充実した。。。

今回も毎日充実したツアーでしたね。建物も紅葉の景色もうっとりします。カメラも大活躍ですね。整理が大変でしょう??でも思い出しては又もう一度。。。なんて話しているんでは??
  1. 2013/10/29(火) 19:02:22 |
  2. URL |
  3. せつこ #-
  4. [ 編集 ]

mcnj さんへ

mcnj さん、仕事で世界に行かれたのですね。
仕事中は、やはり観光はむりです。
でも何となく見覚えがあるのではないですか・・・
ストックホルムも綺麗な街でした。
  1. 2013/10/29(火) 19:42:40 |
  2. URL |
  3. ルーシー #LBBrlPtc
  4. [ 編集 ]

歌まろ さんへ

歌まろ さん、素晴らしい景色で今も思い出しています。
建物の形から景色も綺麗で絵になりますね。
  1. 2013/10/29(火) 19:45:46 |
  2. URL |
  3. ルーシー #LBBrlPtc
  4. [ 編集 ]

つなごんの母さんへ

つなごんの母さん、入り口はいると晩餐会用の食器が
スポットライトを浴びて輝いていました。
日本製という事は、後で知りました、誇らしいですね。
やっと通れるくらいの路地を入って楽しくなりました。
この辺りは、観光客用のお土産屋さんが多かったです。
  1. 2013/10/29(火) 19:50:00 |
  2. URL |
  3. ルーシー #LBBrlPtc
  4. [ 編集 ]

せつこ さんへ

せつこ さん、欲張りでたくさんいろいろ見たいのでツアーでお世話になります。
上手に連れて行ってくれますものね。
重いカメラを持って歩き回った甲斐がありました。
カメラだけでなく実際に見た景色を瞼にやきつけて来ました。
  1. 2013/10/29(火) 19:59:03 |
  2. URL |
  3. ルーシー #LBBrlPtc
  4. [ 編集 ]

こんばんは

私はここでしか売っていないというノーベル賞のメダルのチョコレートを買ってきましたよ
  1. 2013/10/29(火) 21:36:30 |
  2. URL |
  3. maikailoa #AvaXobwM
  4. [ 編集 ]

素晴らしい景色の数々、行きたい気持ちが高まります。
紅葉よりも黄葉が多いのでしょうか。
町並みに映えて美しいですね。
ノーベル賞の授賞式が行われる建築物も
重厚感がありますね。
食器は日本製なんですね。
どこのメーカーか気になります。
たしか、日本の迎賓館は、大倉陶園のものでした。
  1. 2013/10/29(火) 22:46:51 |
  2. URL |
  3. ココア #-
  4. [ 編集 ]

どの画像も素敵で食い入るように見入ってます。
日本製食器が使われているなんて
誇らしくなりますね。
それにしても紅葉の良い季節で
お天気も良く恵まれましたね。
続きが楽しみです。
  1. 2013/10/30(水) 00:25:44 |
  2. URL |
  3. aunt carrot #Hzu7QKvo
  4. [ 編集 ]

maikailoa さんへ

maikailoa さん、メダルのチョコレートは、ノーベルミュージアムが
本物なので買わないで下さいと言われたのですが
生憎休館で買えなくて残念でした。
  1. 2013/10/30(水) 19:55:33 |
  2. URL |
  3. ルーシー #LBBrlPtc
  4. [ 編集 ]

ココア さんへ

ココア さん、毎年授賞式は、何となく見ているので親近感があり
その場所に行って感激ものでした。
ごめんなさいね、食器はスエーデン製でナイフ、フォーク、スプーンが
日本製だそうです。
  1. 2013/10/30(水) 19:59:04 |
  2. URL |
  3. ルーシー #LBBrlPtc
  4. [ 編集 ]

aunt carrot さんへ

aunt carrot さん、ありがとうございます。
今日もヨーロッパですごい強風がとニュースでありましたが
良い時期の行けてラッキーでした。
晩餐会の食器はスエーデン製で、日本製はスプーン、フォーク、ナイフだそうです。
  1. 2013/10/30(水) 20:02:47 |
  2. URL |
  3. ルーシー #LBBrlPtc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://sae228jk.blog.fc2.com/tb.php/451-deb733b5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

ルーシーrusy

Author:ルーシーrusy
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (6)
ダイヤモンド富士 (38)
景色・横須賀 (155)
花・植物 (154)
食 (90)
Happy (88)
景色・横浜 (31)
趣味 (3)
景色・湘南 (5)
自然 (9)
あれこれ (153)
景色・東京 (33)
景色・三浦 (25)
旅行 (153)
カントリーダンス (44)
韓流 (5)
景色・自然 (6)
景色・川崎 (14)
ボランティア (11)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR